~あらすじ~

 

ある日、幻想郷に不思議な鍵盤が現れた。

 

その鍵盤から奏でられる音は、今まで幻想郷で聴くことのできなかった、それはたいそう不思議な音であった。

 

おそらく、外の世界から流れ着いたものと考えられるが、詳細は不明のままである。

 

お祭り騒ぎが好きな連中はこれを使って、ある者はより目立とうと、ある者はより力を得ようと、様々な企みを浮かべているようである。

 

「また面倒事が始まるのね…騒ぎが大きくなる前に私がなんとかしないと」

 

「ほほー、面白そうな事やってるじゃないか。どれ、私もこいつでいっちょ一攫千金狙ってみるか」

 

それぞれの思惑が、幻想郷に新たなお祭り騒ぎを引き起こす…