STORY

──幻想は、蘇る。

4年前。不思議な音を奏でる鍵盤が幻想郷に現れた。

その幻想的な音色は、人妖問わず様々な者を魅了し、「幻鍵音異変」と呼ばれるまでに至った。

事は落ち着き、現在は妖怪を中心に娯楽として楽しまれているらしい。

しかし。

ある日、その不思議な鍵盤と共鳴するかのように、

以前のものとは別の鍵盤が突如として幻想郷に現れた。

どうやら、以前現れた鍵盤とこの鍵盤を2人で同時に奏でると、

それにより発する「音」が強大な力を発揮するらしい。

これを聞いて幻想郷の曲者達が黙っているわけもなく。

人間。

妖怪。

妖精。

様々な者が「力」を求めた。

一方で、それを再び「異変」と見る者もいた。

「あれ、持ち帰ればお嬢様に喜んでもらえるかしら」

「何やらただごとではない予感…これは調査に向かわないと!(わくわく)」

​…ともかく。

彼女達は、その不思議な「音」の正体を突き止めるべく、

鍵盤の元へと向かった。

それぞれの思惑が、幻想郷に再びお祭り騒ぎを引き起こす…

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now